多くの方が、体外受精という言葉を聞かれたことがあると思いますが、実際に体外受精を行うとなれば、多少なりともためらいや戸惑いをお持ちのことと思います。

当院は日本産科婦人科学会が認める、不妊治療認定施設です。治療を受けられる方に、正確な知識と治療方針を理解していただき、安心して納得のいく治療を受けていただきたいと思っています。

体外受精-胚移植法

体外受精-胚移植法とは、卵巣より直接成熟卵を採取し、体外で卵と精子を培養液の中で一緒にし、その後受精・分割成長した卵(胚)を、子宮内に戻す(胚移植)ことをいいます。

当初は、受精の場である卵管に異常のあるために妊娠が不可能であった人に行われましたが、その後、子宮内膜症、重症男性不妊、免疫性不妊、長期の原因不明不妊の方にも有効であることがわかってきました。

体外受精の適応について

  • 女性の両側卵管が閉塞していたり、通過障害があるとき。 手術などで一度は通過性が回復しても、その後、なかなか妊娠しないとき。
  • 男性の精子の状態がよくないとき。
  • 女性側の抗精子抗体の値が高いとき。
  • 原因不明の不妊(機能性不妊)が長期間続いているとき。
  • その他

体外受精治療の大まかな流れについて

  • 卵巣刺激法
    良質な卵子を獲得するために卵巣刺激法を行い、複数個の卵胞(卵子が入っている袋)を育てます。色々な刺激方法がありますので、患者様の卵巣の状態にあわせて刺激方法を選択します。
  • 採卵
    育った卵胞から卵子を採取する採卵を行います。麻酔下に行いますので、痛みはほとんどありません。
  • 精液の採取
    精液を採取していただきます。採卵の当日にご自宅もしくは当院の採精室にて採取してください。なお、ご主人様が出張などでなかなかご都合がつかない場合は、事前に精子を凍結して採卵当日に融解して使用することもできます。
  • 受精・分割
    精子処理が終れば、採れた卵子と精子を体外受精させます。 体外受精法で精子と卵子を受精させる方法には、大きく分けて2つの方法(一般体外受精法、顕微授精法)があります。
  • 胚移植
    採卵後2~5日目に正常発育胚を子宮腔内へ移植します。
  • 受精卵の凍結
    体外受精で多くの良い受精卵ができた場合、胚移植をしない余剰卵のうちで良好なものを凍結保存し、その後の別の周期に融解して胚移植を行うことがあります。
  • 妊娠反応
    胚移植後10日目以降に血液検査による妊娠反応を行います。

妊娠成功率について

妊娠成功率は、その夫婦の条件(年齢、精子・卵子の質など)によって変わりますのであまり参考にはなりませんが、全国的に見て、20%前後といわれています。また、凍結・融解した胚移植の成績も同様と言われています。

【当院の治療実績】
期間 方法と件数 妊娠率
2010年9~12月 採卵…61件
融解…49件
移植…53件
~30歳…2例(50%)
31~40歳…19例(50%)
41歳~…3例(27.2%)

ページ上部に戻る